札幌市中央区PTA連合会規約

第 一 章  総   則

第1条(名 称)

 この会は、札幌市中央区PTA連合会と称し、事務局を札幌市立山鼻中学校に置く。

 

第2条(目 的)

 この会は、札幌市中央区内(以降、区内とする)のPTA相互の協調連携をはかり、学校教育、家庭教育、社会教育の充実振興に寄与することを目的とする。

 

第3条(事 業)

 この会は、前条の目的を達成するために、以下の事業を行う。

  1.  区内の各PTAの連携に関すること
  2. 学校教育、家庭教育および社会教育に関すること
  3. 幼児および児童・生徒の健全育成に関すること
  4. 札幌市PTA協議会および関係機関、団体等の連携に関すること
  5. その他、必要な事業

第4条(構 成)

 この会は、区内の次の団体をもって構成する。

 1,市立幼稚園PTA 2,市立小学校PTA 3,市立中学校PTA

第 二 章  役員、理事、監事 および顧問

第5条(役員、理事、監事および顧問)

 この会に、次の役員、理事および監事をおく。また、必要に応じて顧問を置くことができる。

 1 役 員 (1)会 長 1名 

       (2)副会長 若干名(小学校長1名、中学校長1名を含む)

 2 理 事 (1)総務、研修、広報の専門委員会の委員長と副委員長 若干名

       (2)事 務 局 長 1 名

 3 監 事  2 名

 4 顧 問  若干名

なお、特別委員会の委員長と副委員長(若干名)は独立した職責とする。

第6条(選 任)

役員、理事および監事は、総会において選任する。ただし、会長は会長選考委員会で推薦された者を、また、副会長、理事および監事(事務局長を除く)は、役員会内規の「輪番表」に従い単位PTAより選出された者を充てる。

なお、この会の会員が市P協の会長、副会長または監事になったときは、「輪番表」に関らずこの会の副会長または顧問を兼任する。


第7条(任 期)

この会の会長の任期は、就任後の次回定期総会の終結の時までとするが、再任を妨げない。なお、会長の任期は最長通算3年までとする。(ただし、輪番制の時の任期を除く)

 また、副会長、理事、監事および顧問(事務局長は除く)の任期は、就任後の次回定期総会の終結の時までとするが、再任を妨げない。

  1. 会長の任期は、就任後の次回定期総会の終結の時までとするが、再任を妨げない。
  2. 副会長、理事、監事及び顧問(事務局長は除く)の任期は、就任後の次回定期総会の終結の時までとするが、再任を妨げない。なお、任期は、原則、副会長、理事(事務局長を除く)は最長2年、監事は1年とし、諸事情が生じた場合は任期の短縮、および延長

    を認める

第8条(職 務)

  1. 会長は、会務を統括する。
  2. 副会長は、会長を補佐し、会長事故あるときは、あらかじめ役員会で定めた順序に従い代行する。
  3. 理事は、各委員会の会務と本会の会務の執行にあたる。
  4. 監事は、本会の会計を監査する。
  5. 顧問は、会長の諮問に応じる。
  6. 会長、副会長は、本会の各委員会のいずれかの「顧問」を兼務する。
  7. 会長、副会長は、札幌市PTA協議会の理事、委員、委嘱委員等を兼務する。

第 三 章  会   議

第9条(総 会)

  1. 総会は本会の最高議決機関で、毎年5月に会長が招集する。ただし必要があるときは、臨時総会を招集することができる。なお、総会は2項で規定された者の四分の三以上の出席により成立し、出席者の過半数の同意によって可決する。
  2. 総会は各単位PTAの会長、副会長(2名)、学校長(1名)の計4名の出席者を要する。
  3. 総会は次の事項を審議する。
    (1)決算および次年度予算
    (2)会計および業務監査報告
    (3)事業の報告および次年度計画
    (4)新役員の選出
    (5)規約の改廃
    (6)表彰など、その他、必要な事項

第10条(役員三役会と役員会)

  1. 役員三役会
    役員三役会は、会長、副会長、事務局長で構成し、必要に応じて会長が招集する。また、役員三役と委員長からなる拡大三役会をおこなうことができる。
    (1) 役員会に提出する原案の作成
    (2) 会務の執行の調整に関する事項
    (3) その他、委員会、札幌市PTA協議会及び関係団体等から委嘱された事項
  2. 役員会
    役員会は役員三役、理事によって構成し、必要に応じて会長が招集する。但し、監事および顧問は役員会に出席して意見を述べることができる。
    (1) 総会に提出する原案の作成
    (2) 会務の執行に関する事項
    (3) その他、総会から委嘱された事項

第11条(委員会)

 第一章、第2条および第3条の目的を達成するために、この会に次の専門委員会および特別委員会を置き、それぞれの会務を行う。

  1. 総務委員会 ――― 全体の総括および他の委員会に属しない会務の企画と実施
  2. 研修委員会 ――― 各種研修活動の企画と実施
  3. 広報委員会 ――― 広報紙の発行、その他、広報に関する諸活動の企画と実施
  4. 特別委員会 ――― 第一章第2条、3条の目的を、三委員会と役員会で達成することができない場合に設置する

第12条(会長会および会長・副会長会)

 会長は、必要がある場合には、中間議決機関として単位PTAの会長および副会長を招集し、会長会および会長・副会長会を開催することができる。

 

第13条(部 会)

 この会は、幼・小学校部会、中学校部会およびその他の部会を設置することができる。

第 四 章  会   計

第14条(会 計)

 この会の会計年度は、4月1日に始まり、翌年の3月31日をもって終わる。

 

第15条(経 費)

 この会の経費は、次にあげるものをもって充てる。

 1,会費 2,助成金 3,その他の収入

第 五 章  事 務 局

第16条(事務局)

 この会に、事務局を置き、事務局長をおく。

第 六 章  細   則

第17条(細 則)

 この会の運営に必要な場合には、役員会の議決により、細則の設定ならびに改廃を行うことができる。

(付 則) この会の規約は、昭和61年5月20日より施行する。

平成 4年5月12日より施行する。

平成14年5月16日 一部改正

平成17年5月12日 一部改正

平成18年5月11日 一部改正

平成20年5月 8日 一部改正

平成21年5月 8日 一部改正

平成22年5月 7日 一部改正

平成26年5月12日 一部改正

平成30年5月14日 一部改正



規約は『資料』ページからダウンロードできます。